読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤元だけどめぐみ

カードローンをするときの審査の基準というのは、利用可否の判断基準として大まかには情報が開示されています。
本来、この基準は厳格なものです。ところが、具体的な可否の判断は、担当者に一任されているという事も、珍しくはありません。それぞれの状況をバッサリと線引きすることは大変難しい事だと思います。

キャッシングはコンビニでも可能なのが望ましいですよね。他人に見られた時に、借入しているのか、お金をおろしているのか、振込をしているのかわからない点が都合の良い点だと思います。

無休で対応していることもいざという場合に、上手に賢く使えるかもしれません。



僕はいまのところ、消費者金融や銀行のローンは使ったことがないです。キャッシングはほかにお金を用意する方法がないときだと思っています。物品ならクレカで買えますし、お金(利息)を払ってお金(融資)を得るのは相当な理由が必要なのではないでしょうか。


「借りて、返す」は当然ですが、借金癖がつくとなかなか抜け出せず、だんだん金銭感覚の修正が難しくなるようにも思います。
大事なのは、自己管理かもしれません。目的や今後の返済をきちんと考えた上で最小限の金額だけを借りるようにすると、本当の意味でキャッシングは役に立ってくれるでしょう。

キャッシングとカードローンはほとんど同じですが、ちょっとだけ違います。どこが異なっているかというと返済方法が異なるのです。キャッシングの場合はカードなどで現金を引き下ろしたり、商品を購入した後、翌月一括返済というパターンになりますが、カードローンですと、分割で返済しなければなりませんので、こちらですと金利がかかってしまいます。
クレジットカードとは異なるお金を借りるときに使うカードはいくら限度額が残っている場合でも、余った分を買物に使うことはできません。

ただ、クレジットカードに付随するキャッシング枠では、その分の現金を借入れることができます。クレジットカードのキャッシングはカードローンを利用したのと同じ意味合いになる為、年収の3分の1以上の借入が禁止となる規制の対象です。キャッシングが短期の小口融資ということに対し、カードローンだと長期の大口の融資であるところが違います。


そのため、キャッシングの場合は原則として翌月に一括払いでの返済になりますが、カーローンだと長期のリボ払い返済となります。だから、金利は一般的にはカードローンにした方が高くなります。昔はカードローンやキャッシングは一口にサラ金と言われ怖いものと思われた時代がありました。



カードローン審査なんでも百科
近年では法律も変わり、金利の上限値は以前より下がりました。
といっても、利息制限法における上限は18.0%なのが、出資法ではそれを超える29.2%以下で貸し付けることができます。

違法かというと、そうではありません。

グレーゾーン金利というのは、この部分のことを指しているのです。



近年は、CMなどで記憶している人も多いのではないでしょうか。

過払い請求とは、こうした契約による払い過ぎ(過払い)を返金してもらうための請求を起こすことで、専門知識のある法律事務所が代行しています。

借金体験って、あまり人と話しませんよね。
実は自分はキャッシングでけっこう痛い目を見ていたんです。残業が多くて夕飯を外食にすると、つい飲んで、タクシーで帰ったりしていたら、たとえワリカンでもあっというまに金欠状態になり、そのあとはごく普通の流れでキャッシングで現金を手にしたというのが顛末です。でも、借りたお金ですから返さなければいけません。相変わらずの使い方をしていて、利息ばかり返していくようになり、これではマズイと保険を解約しようとしましたが、営業担当者が保険を担保に安い金利で借り入れできることを教えてくれて、なんとか一括返済し、それからキャッシングは利用しなくなりました。

他の人の名義を使ってカードローンの契約を締結することは許されていません。契約する人の名義で契約をすることが求められます。


自己収入のない妻が夫の収入をローンの返済に充てる場合であっても同様で、利用者である妻自身が名義人となります。
本人の責任においてローンの支払いをしなくてはなりません。それが同じ世帯の人同士の間でも、名義人を本人とは別人の名前にしてカードローン契約を締結した人は犯罪者になってしまいます。



仮に同意を与えていた場合には、「名義貸し」の行為自体も法に触れる行為です。


給料日前の急な出費というのはつらいですね。
そんなときは、ほんの短期間のキャッシングなら利用価値が高いと思います。
上手に利用するコツは、お金が入ったらすぐ一括で返してしまうこと。

それなら必死になって低金利のところを探す必要もありません。
とはいえ、高額を一括返済するのは無理がありますから、もし分割にするなら利率の低い会社から借りるのが得策です。


つい慌てがちになるかもしれませんが、自分が借りるローンの金利はチェックしておくべきだと思います。